漢方博覧図絵
  
漢方博覧図絵

     ENGLISH   









 

     
 巻頭の御挨拶

 日本国内で初めて博覧会が開かれたのは明治四年の創立博覧会が最初で、その後京都博覧会や東京の湯島聖堂内の文部省博物館等各地で珍品、奇物産を集めた珍品展覧会が開かれました。

今回の「漢方博覧図絵」のHPの開設の趣旨は珍品の展示でなくて、いままでの日本固有の医薬学の歴史を視覚を通じて、一般の方の観覧に供して、我が国固有の漢方医薬学の振興及びその普及に必要な知識の習得と次世代への技術の伝搬と民族遺産である日本医薬学の誇りの再認識のためであります。

美しい日本の四季と医薬学の関わり、生老病死の人生の節目での民族医療の知恵など学ばれることも多いかと存じます。漢方紀行として本HPをお楽しみください。

 なお、国指定登録文化財の片桐棲龍堂漢方資料館と片桐邸は
非公開でございますので宜しくお願いいたします。
漢方研究者の方々や諸研究機関及び、数多くの東洋医学に携わる方々の御薦めと御協力で本HPが完成しましたことを感謝しています。

      日本国 ・堺・
      片桐棲龍堂・十七世・片桐平智









先人達が生活の経験の知識を結集して作りあげた 伝統医学の総合的な知識は、
日常生活をつぶさに 独特の体系で見つめることによって、医薬学の専門、非専門
に関係なく 誰にでも 習得可能となります、そしてその 成果は種々の病に対応でき、
「生きがい」を第一にする健康で豊かな日常を約束してくれるであろうと思います。




  日本国指定登録文化財建造物  

   片桐棲龍堂漢方資料館

       
 医薬学に関する資料を展示しています。
 日本・漢方・仏教医学・チベット医学などを
 展示しています。
    
      写真や文字をクリックしてください
 

創業文禄2年 創業四百有余年
 
伝統漢方専門老舗 片桐棲龍堂薬舗  

 お薬に関する情報の入り口

       
 伝統薬・医薬品・健康食品などを紹介しています。
 牛黄やきのこなど、東大寺さまを紹介。

  写真や文字をクリックしてください
 
        片桐家
  
家伝漢方医薬学の代々の系譜 
    
片桐家の行事
  片桐家の歴史や行事をご覧になれます。

        
  天保年間 馬寅 筆  写真や文字をクリックしてください 
 
 堺市指定文化財 名勝第1号
   片桐棲龍堂庭園
  

       
   堺市指定文化財の庭を紹介しています。

堺文化財特別公開
 堺市が行ってます文化財の特別公開にあわせ、庭を
 公開しています。季節や歴史をご覧いただけます。

 片桐家の椿   片桐家の桜 薬用植物園
   写真や文字をクリックしてください
 
   本漢方博覧図絵の運用方法 
      写真や文字
をクリックしてください。色々な画面がご覧になることができ、
                                   深い内容を見る事ができます。


         普段非公開の片桐棲龍堂庭園のビデオをご覧いただけます
         
ここをクリックしてください

  

               クリックとはマウスの左ボタンを押すことです   

  片桐家の建物や庭は、西湊一帯が空襲にあわなかったため今に伝わっています。
  母屋は江戸時代後期に建てられました。
  建物は平成12年に国の登録有形文化財に登録されています。

  平成19年片桐家の庭の調査で茶の湯に関連する茶庭や露地と言われる庭と分かりました。
  平成22年片桐家の庭は堺市指定文化財名勝第1号に指定されました
  堺市に残る4つの文化財の庭で唯一お寺以外の貴重な民家の庭です。
  お寺の庭では縁側や座敷に座って鑑賞する庭です。
  しかし、こちらの庭では、茶室に向かう道すがらに歩いて楽しむ庭になっています。
  珍しい、貴重な花や植物もいっぱい植えられています

 

              


 20年にわたり御拝読頂いていますこのホームページが、2022年6月28日に80,000カウントを超えました。
皆様のおかげです、ありがとうございます。新しい知識と、現状をお知らせしてまいります。

今後、漢方の存続が難しい時代を迎えています。メーカーの衰退を防ぐため、出来る限り頑張っていますが
皆様にもご協力をお願いいたします。

牛黄も困難を乗り越え、再評価されています。若い時から、ご両親に連れられ御来店された方々が、家長になられ
伝統を引き継がれています、ありがたく感謝しています。

今後、高齢者の「健康長寿」、若い人の「補腎活血」を新しい知識、「革新的中庸医薬学」で学んでいただきたく、
ホームページを熟読して頂きたくお願いいたします。

世の中は大変な勢いで変化しています。新しい知識を再構築していただきたく、御来店をお待ちしております。


 

 昨年の秋、累代の片桐棲龍堂の顧客様は御気づきの様に各種生薬製剤の欠品と消滅廃薬が日を追うごとに増え、
特に地方の有名歴史的な商品が文化的存在必要性の消費者啓蒙に及ばず、稀少動植物の原料が潤沢に在庫があるのに
製造中止に追い込まれ、日本独特の配置薬の存在を危うくする現況です。

 また、輸入中成薬に至っては経験のないほど品切れが多く、 何品種はお待ちいただいて補填させていただきました。
例えれば稀少動物、鉱物薬配合の補腎薬の代表として、戦後すぐ輸入許可の至宝三鞭丸は歴代中国の皇帝専用の官製処方で、
広大な紫禁城を闊歩、激務、補填気血の要薬で欧州の王侯にも人気の商品でしたが、廃薬となりました。
珍奇な動物薬の調達が中国の近代化で困難や両国の経営者の高齢化などで疎通が困難となった事も一因です。
薬そのものの安全性以外の要因の廃薬は悔やんでも悔やみきれません。

安土桃山時代からの軍陣医学の家訓で継続の顧客様には備蓄保存要請で、各自必要個数を購入いただき、
また保管機器を備える方も多く安堵しました。
こちらから働き掛けることはありませんので、時々店頭に来られて、 将来危倶され保存できる生薬製剤は自己責任で
必要数は確保ください。

 また時局の疫病にも免疫面などで応用可能な知識や製品も整備されていますので、「産前産後」や「ちのみち」薬専門店と
思われている江戸時代からの顧客様もおありなのですが、各種許認可の効能範囲で対応できる生薬製剤が多々整備されています。

今後は健康寿命の継続で命を使い切って、朝露のごとく消えるの糧として、ほぼ50年かかって構築した日中合作のあたらしい、
日本独特の「革新的中庸医薬学」の理論を習得されて、自家薬籠としてください。
無料配布で当家が累代顧客様に配布の啓蒙雑誌、月刊 「チャイナビュー」 も 280号近くなり 約14万冊を配布、
目の各種啓蒙雑誌も2万冊を配布、 その他、各種自己学習資料はここ50年でイスクラ産業様や松浦漢方、救心製薬、
小太郎漢方、建林松鶴堂、ウチダ和漢薬、双宝など各種メーカーの方準拠の資料は膨大です。
時局のこの時間が閑な時、今一度、御再読いただき、最新の知識でこの難局を、御自身はもとより、御家族で乗り越えてください。

 今年(2022年)の5月中旬から6月にかけて補填の、あくまでも未定ですが重要な補腎薬の最後の安定供給品が
入荷予定ですので、また店頭で御確認ください。配布限定個数の可能性もあり、極力継続の方を優先しますが、
当方からは通知致しませんのでその時期、御問い合わせください。
冬虫夏草含有医薬品も従来説明通り、無理に メーカーに低価格でここ数年、販売を要請してまいりましたが夏季以降少し、
先が見えぬ状況です、 今後は活血と補腎の両輪が高齢者社会やAl社会の必須のものと 予測しています。


 従来の主張どおり、いくら私共が理論構築しても販売する製薬会社が無くなれば販売できません。
行政職を辞した時から、製薬会社の維持を陰から見守る様に当時のエーザイの内藤豊次会長や田辺製薬の田辺源三郎両氏の
帝王学をさずけられ、50年を超えました。
顧客様にも今一度、薬業界ではほんの数パーセントの位置しか占有しない、民族医薬学の最後の砦の生薬製剤の世界にも
応援をお願いいたします。


 ここ数力月の間、嬉しい事が多々あります、古い累代顧客様の回帰現象が始まりました。
若いとき御両親や祖父母の方の御伴で当家に来られた事、思いだされて、門前に佇まられて、木々の成長に目を奪われて、
文化財の旧店舗跡をご覧になり、また樹齢数百年の松の老幹をいとおしく、撫ぜられて昔を偲び、感涙されています。



  

  

     
     樹齢数百年の松の老幹                        御来迎肥後椿
           

婦人科専門から健康寿命の維持への各種啓蒙知識の製品の購入と新しい当家独特の自己学習研錯資料をお手に帰られ、
また係累の方々や親戚の方々や地域の方々に今の当家のお話しをしていただいて、御護りいただいています。
空間から取り残された、異次元の様に 「ほっと」するし 「心の糧」の場所とお慶びいただいています。




 
    東大寺様 二月堂の修二会(しゅにえ)と片桐棲龍堂の牛黄

 片桐家では以前より御緑があって、近年奈良の東大寺様の「お水取行法」として有名な、二月堂の修二曾行法用として、
牛黄を毎年寄進させていただいております
2022年度会 修二会(1271回目)内々陣、須弥壇北正面にお供えされた片桐棲龍堂の牛黄



                 写真提供 東大寺様
  

  

  
       須弥壇北正面にお供えされた片桐棲龍堂の牛黄

       片桐棲龍堂と東大寺様、牛黄はこちらをご覧ください 
         片桐棲龍堂薬舗のページから牛黄、東大寺様のページが有ります

                 ここをクリックしてください


 昨年(2021年)は時局がらの困難な時期にもかかわらず、永き御愛顧を承り、また新しき後継の
御家族や知己の方々に、当家の革新的中庸医学の理論や実践の歴史の紹介、および承継、
はたまた御伝言を賜り、健康や気力、体力の向上の感謝の御言葉を大勢のかたから
頂戴しました。

大勢の中医師の方々や製薬会社の研究者の方々の御協力に感謝申しあげます。
一重に我が国伝統医薬の保存に、絶えず緊張と危機感を共有の皆様です。
中国から伝搬の医薬学が日本独自に変化し、仮名文字の誕生の様に国民の健康に
貢献してまいりました。

察証弁治や腹診、経絡弁証は他国を凌駕するものが残存しています。
高齢化社会に迎合するものと確信しています。

昨年末には貴重動物薬含有の、商品名は伏せますが、突然在庫をもって販売終了となり、
まだ御来店をいただいて居られぬ累代の顧客様には安定に供給できず、申しわけなく、思っています。
御寛容の御許し戴きたく思っています。

当家が、数多くの大名の御典医師時代の教訓や,敦賀藩の家康公伝承の秘書「鎧箱秘録」に記載、
御来店の方には備蓄薬の資料と必要性を説く昔から自己学習資料として呈上済みの記載書の
大阪城の薬保管庫のシステムの項目を今一度熟読して下さい。
今後ワシントン条約、資源の無駄使防止の世の動向、地球温暖化での収穫量の撃滅、
また古い動物薬の許可更新時の費用の高騰など、名前はまた伏せますが、数種の貴重動物含有薬が
近未来に突然消失の危惧が予測されて、昨年末に現実になりました。
一度店頭に来られて現状を確認してください。

東洋医薬学 、俗称漢方医薬学は大きく変化してきています。
新しい理論が 整備されて、効能効果範囲内の使用も我が国独特の経世の養生方法の併用が
貢献しますので、お手元のチャイナビュー等の資料を今一度、熟読されて 新しい知識を自己学習、
セルフメディケーションの一助としてください。
先の見えない本年も慢性疲労には御留意いただき、佳き御歳を御迎えください 。

                                      



 


               営業日のお知らせ


                   当店は通常通り営業しています。

     
      営業時間 午前10時~12時 / 午後2時~6時
          定休日 日曜・祝祭日 第1・第3土曜日

   
           

 
   日本の桜の歴史  「桜ノ博士」三好学博士

    桜資料

        こちらへ 


   

           正月  江戸 大奥の御飾

  



        大御所様   御裏           御表
  



        若御所様
   



         君様
   
   



       御装束

  



     
 女御様     御表
   





   
     片桐棲龍堂薬草園の薬草の鉢の展示場

   
      薬草を展示しています  片桐棲龍堂に代々伝わる旧建物に使用した瓦を展示しています

   

 
      

 
     


  

   




 
片桐棲龍堂に代々伝わる旧建物に使用した瓦を展示しています


  瓦宇制作鬼瓦  平城宮跡鎮護用途・旧奈良県指定文化財 旧瓦宇小林コレクション 
                          片桐棲龍堂所蔵品

  

  


  



   
妻鹿ゆかりの種、記念植樹

   
兵庫県播磨地方 妻鹿氏居城 当家が城主の城 太平記時代・600年前


   

   



  片桐棲龍堂の敷地内を阪堺電車が通過しています
   


     


   

  阪堺電車が通っているのは片桐棲龍堂の敷地内になります




 
       革新的傳統中庸医学の時代が到来!

                             (2021年4月に書いています)

当家は堺で文禄二年、四百数十年前、秀吉様に今の土地を賜り、御典医師として幕末まで諸藩や南宗寺を通して、大徳寺派の
寺院の歴代座主ならびに茶道家藪内家との交流があり、また七百年前には播磨で赤松家の姻戚として軍陣医学や相撲を継承し
独自の一子相伝医薬学が継承、その都度に内容が更新され膨大な日本独特の資料、医学書籍が継承されていますが、
この度の時局は従来の漢方の概念を大きく変えました。

                     続きはこちらへ      


 
        2021年に書いています

2020年は未曾有の国難に見舞われました。2021年は幾筋かの新しい光明が各方面より差し込んでいます。
お客の皆さま、今しばらくの我慢の時期ですが、どうかお体ご自愛下さい。

 漢方は2020年で理論も用法もすっかり変わりました。
大きな変貌をとげましたので、できるだけ新しい知識を自己学習していただきたいと思っています。
事態が収束しましたら、お越しいただけば、補腎や補気のお話をさせていただきます。


              続きはこちらへ      

 
2020年12月に書いています

新しい年を迎えるにあたり新看板を駐車場に設置いたしました

来る年が疫病に苛
まわれない様に、祈念を込めて過去に苦しんだ江戸時代の歌川国芳筆の疱瘡にちなむ錦絵を意匠としました。
御来店の際は御鑑賞してください。牛黄の神文誓紙も描かれています




             続きはこちらへ      



 
  来訪者
    
       片桐棲龍堂 漢方資料館への訪問者を紹介しています。

    世界でも高名な 「世界中医薬連合会」創会副主席・事務局長・
             李振吉教授が当家を表敬訪問


          

                                    クリックしてください

          他の来訪者はここをクリックしてください


 
 おくすり

片桐棲龍堂漢方資料館の資料で開発及び許認可となった医薬品健康食品

    医薬品
   健康食品

     
伝統漢方薬
    伝統の蔵出し処方薬
 
  
              

写真や文字をクリックしてください
 牛黄 

牛黄純末の一般用医薬品としての
許可取得

後世に牛黄を医薬品としてすことができました
  

  牛黄のページ

写真や文字をクリックしてください
  日本の伝統漢方

          


      日本の伝統漢方

      堺の名医と当家の歴史

      最近の漢方の話題と知識

写真や文字をクリックしてください
 
 
収蔵医薬学史資料 
 

 チベット医学の扉 貴重なタンカをご覧ください
    
多くのタンカを掲載しています。タンカにはお釈迦様の
誕生からの仏教が絵に描かれています。
中には砂漠に埋もれていたものもあり、本物の300年
以前の貴重なタンカをご覧ください。

チベットの天珠も西蔵の医学書の「四部医典」に薬として
掲載されています。チベットの医学は進んでいて、
薬石(鉱石)の浄化方法は、今でも分からないのです。
チベットのクスリは、現在では禁止されていたり、
持ち出しができなくなっている物もあり、今となっては
貴重な資料です。

  
 
シルクロード・秦・始皇帝 
 堺と茶道
 正月の屠蘇のご紹介


写真や文字をクリックしてください
 

 
 藤井玉洲親子の
 「禽譜」及び 「本草図」


  
 

百年前に作られた粉本
実際の羽毛を貼ったものもあり、
貴重な絵です。


写真や文字をクリックしてください

 案内図




片桐棲龍堂への道順を
   ご覧ください


写真や文字をクリックしてください
  

 写真や文字をクリックしてください。ご覧になることができます。
クリックとはマウスの左ボタンを押すことです

片桐棲龍堂案内図
       案内図はここをクリックしてください


      黄色の文字をクリックすると、各項目が御覧になれます

クリックとはマウスの左ボタンを押すことです



更 新
          2022年6月28日 

80000カウント達成の御礼


新しい防災道路が出来ました
    車で来られる場合、便利になりました。

    片桐棲龍堂 案内図

    新しい防災道路が出来ました


             文字をクリックしてください

文字をクリックして下さい

クリックとはマウスの左ボタンを押すことです


写真をクリックして下さい。


 LINK     内藤記念 くすり博物館            
http://www.eisai.co.jp/museum/index.html

  松原眼科クリニック   神戸市東灘区住吉宮町
http://www.matsubaraganka.com/index.html


  日本国指定登録文化財建造物  

   片桐棲龍堂漢方資料館

       
 医薬学に関する資料を展示しています。
 日本・漢方・仏教医学・チベット医学などを
 展示しています。
    
      写真や文字をクリックしてください
 

創業文禄2年 創業四百有余年
 
伝統漢方専門老舗 片桐棲龍堂薬舗  

 お薬に関する情報の入り口

       
 伝統薬・医薬品・健康食品などを紹介しています。
 牛黄やきのこなど、東大寺さんを紹介。

  写真や文字をクリックしてください
 
        片桐家
  
家伝漢方医薬学の代々の系譜 
    
片桐家の行事
  片桐家の歴史や行事をご覧になれます。

        
  天保年間 馬寅 筆  写真や文字をクリックしてください 
 
 堺市指定文化財 名勝第1号
   片桐棲龍堂庭園
  

       
   堺市指定文化財の庭を紹介しています。

堺文化財特別公開
 堺市が行ってます文化財の特別公開にあわせ、庭を
 公開しています。季節や歴史をご覧いただけます。

 片桐家の椿   片桐家の桜 薬用植物園
   写真や文字をクリックしてください


製作・著作:片桐棲龍堂
無断転載はお断りいたします。

本HPの管理及び監修は Pc-office が担当しております。S